H0ME > ACTIVITY > 第15回:親子で楽しむリトミック
第15回:親子で楽しむリトミック

今回は、晶美(てるみ)先生にお越しいただき、リトミックレッスンをしていただきました。北京でリトミックを教えている先生、元々知っている子どもたちもいて、てるみ先生がお話すると、にこにこして聞いていました。

「いないいないばあ」「おへんじ」から始まり、歌や手遊び、読み聞かせまでの幅広い内容に、子どもたちは全身で音楽に触れながら楽しんでいました。リトミック中には、てるみ先生手作りのグッズがたくさん登場。グッズが出てくるたびに「なんだろう。早くさわりたい!」と、子どもたちの積極的な姿勢がみられました。

季節にあわせた内容で、今回は2月の節分にちなみ、「鬼は外、福は内」の歌も。子どもたちの豆まきで怖い鬼がニコニコの鬼になるというしかけつきです。もちろん、まだ節分を理解するのは難しいですが、こうして音や動作を通して触れるっていいですね。

歌を歌ったり、リズムにあわせて体を動かすリトミック要素はもちろんですが、それ以外に、グッズを片づけるときは、1つのボックス(わんわんが貼ってあります)に入れるなど、小さい子どもたちでも、簡単にできる要素が盛りだくさん。片づけを教えるのに、家庭でもいい方法だなあと感じました。

そして、1つのことができると必ずでてくる「できた、できた~♪」という音楽。繰り返しが大好きな子どもたちは、手をたたきながら上手に復唱していました。

 

普段、手遊びをしたり、一緒に歌を歌ったりすることもありますが、親子だけではできないまた違った音遊びで、親子で楽しめて大満足でした!そして、子どもの思わぬ成長に出あえて、親としてうれしく感じました。

Back to Top