H0ME > ACTIVITY > 第9回(前編):カラータイプ診断
第9回 ほっとるーむ(前編) : カラータイプ診断をしてみよう

今回は、伊藤裕子先生にお越しいただき、「カラータイプ」診断について教えていただきました。まずは、自分自身の性格や特徴について、たくさんの質問項目に答えます。答えを点数化し、それを4つのタイプと13色に分類していきます。タイプは、「決断」「創造」「協調」「堅実」の4つです。

「決断」は、存在感抜群!華やかで人を引き付ける主役タイプ。「創造」は、楽しいことが大好き!感性を大切にする人気者タイプ。「協調」は、人に寄り添える、心やさしいロマンチストタイプ。「堅実」は、安心、安定重視!地にあしがついたしっかりタイプ。

それぞれの色にも、1つの意味だけではなく、複数の意味があり、その色に応じたプラス要素とマイナス要素があります。例えば、「オレンジ」。チャレンジや仲間意識や社交性、リーダーシップの要素をもち、「陽気、社交的、チャレンジャー」のプラス面と「自己主張、見栄っ張り」というマイナス面をあわせもっています。

タイプを色で知ることで、コミュニケーションにおいて、どのような言葉が有効か、うれしいか、逆にマイナスにとらえてしまうのかなど、1つ1つ丁寧に教えていただきました。実際にタイプ別をしたところ、「決断」以外の3つのタイプに分かれました。自分のタイプを知り、その説明を聞く際には、真剣な表情で聞いていました。

最後に先生が用意してくださったさまざまな色を使い、子どもたちが指で自由に絵を描きました。それぞれ色の選択や描き方にも個性が出ていて、おもしろかったです。

色を通して、人の内面を知ることで、タイプ別の特徴を認識しコミュニケーションを円滑にすることができるのは、とても興味深いですよね。

次回は、ぜひ外見に関する色診断も学べたらと思っています。

Back to Top